自信が持てると

こんにちは!

飯能市の書道教室なごみ書道です。

今日もお読みいただいてありがとうございます。

 

今日はほとんどの小学校と中学校で硬筆の締め切りでした。

最後の頑張りはどうだったかな??

娘は中学3年生。塾も部活も今まで以上に忙しくなった中で、時間のやりくりをしながら

良く書いていました。

親子だとなんでも言えてしまうので、アドバイスは聞かれた時に少しだけするようにしています。どうしても感情的になりがち。

「ここをもっとこうするといいよ。」

「さっきは違うこと言ってたじゃん!

「そうじゃなくて、こういう意味でしょ!」

みたいなふうに(笑)

なので彼女のタイミングで聞きたいことに答えて、練習量もお任せです。

硬筆ってとても根気がいるので、書いてる方はイライラするし泣きたくなる。

それに付き合うお母さんも大変だと思います。

本当におつかれさまでした。

 

子どもが活躍できるって親にとっても嬉しいことですが、

子どもたちが自信をもてるということに繋がるのが、私はとても嬉しいです。

 

私は小学生の頃、運動が苦手で体育が苦痛でした。

勉強も普通。クラスでも特に目立たない存在。

でも書初めの時だけは、

「上手だね!」とクラスの子に褒めてもらったり、

「とても素敵な字ね!」と先生に言われたことは、忘れられない思い出で、

書初め展の表彰は自分が認めてもらえたような、そんな嬉しい経験でした。

 

字がきれいなことは、きっとこの先も色々なタイミングで

人から褒めてもらえることがありますよね。

自分に自信が持てるということは

自分を好きになる第一歩。

「劣るところもあるけど、いいところもある」

そんなふうに思ってもらえたらいいなと思います。

 

書道を通して自分の成長を実感できるようにサポートしていきたい

そんなふうに思っています。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。