習い事と月謝

こんにちは!

飯能市の書道教室なごみ書道です。

今日もお読みいただいてありがとうございます。

 

今日は習い事にかかる費用について書いてみようと思います。

 

私には3人の子どもがいます。

高校生、中学生、小学生です。

子どもが興味を持ってやりたいと言った事はやらせてあげたい。

でも、金銭的にもスケジュール的にもなんでもというわけにはいきませんよね。我が家は小学生の習い事は一人2つまでにしていました。

また、この先の進路で本人の希望を叶えるためにも、小学生のうちの習い事はお金をかけたくない。

という考えでいました。

今しかできない体験をさせてあげたいという方や、

早いうちに才能を開花させてあげたいなど、

教育費はそれぞれのご家庭ごとに考え方がありますよね。

本当に様々だと思います。

 

さて、お習字教室の月謝ですが検索してみたところ、

全国的な平均で4000円程度のところが多いようです。

英語、スイミング、ピアノなどもちろんあくまで平均ですが、6000円以上のものに比べると

安いような気がします。

 

そうすると比較的、始めやすい習い事でもあるのかな?と思ったりもします。

 

私も子どもたちがそれぞれ色々な習い事にチャレンジして思ったのですが、

比較的お手ごろな月謝でも困るのが、月謝に含まれないイレギュラーな集金や道具代。

ダンスの衣装代

サッカーの道具代やユニフォーム

そろばんの検定代などです。

金額がそれほどでもなくても二人分ともなると倍ですし、

忘れていたり、急だったりすると……

必要なんですけどね…わかってはいますが、

家計を直撃です。

 

そこで、当教室では今年から競書代と試験代を月謝に含み、

道具はこちらで貸しはじめました。

 

極力、イレギュラーな集金をしないこと、道具を洗わなくて済むことで

お母さんたちの負担が減るといいなと思っています。

実際お道具の貸し出しはとても喜んでいただいています。

 

子どものために日々頑張るお母さんのお役に立てることは

私にとっても嬉しいことです。

今後も子どもたちや、お母さんに寄り添いながら

いい教室にしていければと思っています。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。